2017年10月7日 更新

むくみはなぜ起こる?原因を知ってむくみ知らずのボディを目指そう!

お酒を飲んだ次の日や立ち仕事をした日、脚や顔がパンパンになった経験はありませんか?特に女性に現れるむくみについて、原因と解決策をご紹介します。

51 view お気に入り 0
むくみというと、男性より女性のほうが悩んでいる人が多いイメージ。
「夕方になると脚がパンパンになって、靴がきつくなってしまう」
OLさんからよくこの言葉が聞かれるように、靴がきつくなるのは代表的なむくみのサイン。

これはわたしのむくみ体験なのですが、慣れない立ち仕事をした翌日に驚いたことがあります。
むくみは脚だけだろうと思っていたら、なんと顔までむくんでしまい、見事な一重になってしまったことがありました・・・

普段デスクワーカーなものですから、慣れない立ち仕事が影響したものと思うのですが、
さすがに顔まで!?と驚いた記憶があります。

ということで、本日はむくみについてのお話。

むくみのメカニズムをしって、むくみ知らずのボディを目指していきましょう。

むくみは「とどこおり」のサイン

わたしたちの身体の中では、寝ている間も生命を維持するために働いています。
生きるために必要な酸素と栄養素をせっせと血液に乗せて、運んでくれているわけです。

小学生の理科の授業で、左心房だの、右心室だのという話の中に「心臓はポンプのような役割をしている」と習った記憶がうっすらあるかと思います。

必要な栄養を細胞へ送られますが、不要な水分や老廃物を静脈やリンパ管を経由して、ふたたび心臓へ戻ってきます。

この不要物の循環が起こっている際に老廃物を含んだ水分が行き場をなくし、むくみが起こってしまうということのようです。

簡単にいってしまえば、リンパや静脈が滞っている状態ということになります。

むくみの大敵、それは塩分!

むくみというと、水分量が増えるような気がするので、単純に水分を取らなければむくみが解消するのでは?と考えてしまいそうえすが、それはNO!

問題は水分ではなく、塩分にあります。

体内で塩分が増えると、その濃度を薄めようと血液は余分な水分をため込もうとしてします。

塩辛いものを食べるとのどが渇くのは、血液中の塩分濃度を下げるための自然現象だったのです。

わたしも塩辛いものが大好きなので、気をつけようと思います。

その他、添加物が多いものや糖分の摂りすぎにも注意が必要です。

コンビニのお弁当やおにぎり、ポテトチップスやチョコレートなど、コンビニやファーストフードの食事には保存料や添加物、塩分も多めに入っていることが多いです。

むくみの解決策は、食事・運動・マッサージ!

最後にお話するのは、むくみの解決策です。
大きく3つありますので、ぜひチェック!

<1.食事内容>
むくみ対策にはバランスのよい食生活が欠かせません。
保存料・添加物・塩分・糖分の摂りすぎに注意しましょう。

塩分を摂り過ぎてしまった際には、「カリウム」の含まれた食べ物を摂取するのがおすすめです。
カリウムには、体内に増えすぎた塩分(ナトリウム)の排出を促し、体内の水分量を一定に保つ働きをしてくれます。

果物のカリウム含有量は比較的多く、アボカドやバナナ、キウイに多く含まれます。
ドライフルーツは成分が凝縮されることもあり、生のフルーツよりも含有量が多めです。

おやつや食後にフルーツを食べるようにするといいかもしれませんね。

<2.適度な運動>
いわずもがな、適度な運動は体型維持やダイエットのためだけでなく、健康維持にも欠かせません。
軽いストレッチや筋トレ、ジョギングなど、初期費用があまりかからない運動は探せばたくさんあります。

一番大切で難しいのが<続けること>です。
自分が楽しいと思える運動を探してみてくださいね!

<3.マッサージ>
むくみケアには、マッサージも効果を発揮します。

お風呂に入ると血流がよくなりますので、お風呂上りにマッサージをおすすめします。
もちろん、お風呂の中で行ってもOKです。

リンパの流れる方向に沿って、下から上に流しましょう。
足首やひざの裏、脚のつけ根には、特にリンパが滞りやすいので、よくほぐしてあげましょう。
あぐらをかいた状態で、足の付け根を両手で持ち、グーッと体重をかけると気持ちがよく、すっきりとします。

マッサージを行う際は、クリームやジェルを使うとすべりが良くなり、マッサージをしやすくなります。
ラ・カスタのレッグジェルはまさにむくみ解消にぴったりのアイテム。

ラベンダーなどのハーブエキスを配合したぷるぷるのジェルが、疲れた脚の素肌を心地よく引きしめます。
清涼感のあるペパーミントやユーカリを配合した香りで、心もリフレッシュできる商品です。

ラ・カスタ アロマエステ レッグジェル

1,620(税込)
オーガニック植物成分はじめハーブエキス配合のひんやりジェルが、疲れた脚の素肌を心地よく引きしめます。ストッキングの上からも使え、オフィスや外出先でも便利。清涼感あるペパーミントやユーカリがすっきりと香り、心もリフレッシュさせます。

いかがでしたでしょうか。

そこまでお酒は飲んでいなかったのに、翌日顔がパンパン・・・ということがあるように、
むくみはいつやってくるかわかりません。

今回ご紹介した原因やケアの知識とともに、むくみと上手に付き合っていきましょう!
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nature編集部 nature編集部