2017年6月14日 更新

【アンケート】梅雨のヘアケア、お悩みと対策とは?

少しでも梅雨を前向きに過ごしたいですよね!今回は一般の女性と梅雨の髪の悩みを共有します!

26 view お気に入り 0
今年も梅雨の季節がやってまいりました。
植物にとっては恵みの雨となりますが、わたしたちにとっては少し厄介な存在かもしれません。
髪はうねり、メイクも決まらない。
なんだか気分もどんよりしてしまいます。

少しでも梅雨を前向きに過ごしたい!ということで、今回は一般の女性と梅雨の髪の悩みを共有していきましょう!
みなさんはどんなことに悩み、どんなことをして乗り切っているのでしょうか。

【質問】 梅雨の時期、髪の毛で気になることは何ですか?

 (562)

8割の方がうねりと広がりに悩んでいる!

やはり、多くの女性がうねりや広がりに悩んでいる様子。わたし自身も、雨の日は髪がぼわっと膨張してしまいます。

ところで、なぜ雨の日にうねりやすくなるか、ご存知ですか?
これは「水分」が関係しています。
髪は濡れると、キューティクルが開いてしまいます。
そこから雨などの水分が入り込み、髪が膨張したり、うねりが発生してしまうわけです。

少数派とはなりますが、これとは逆にボリュームがなくなり、ぺったんこになってしまうという方もいるようでした。

また、髪のムレやニオイが気になるという方も少しいらっしゃいました。

では、続いて、梅雨対策として行っていることを見ていきましょう。

【質問】 Q3.髪の毛の梅雨対策として行っていることはありますか? (単一回答)

 (569)

洗い流さないトリートメントでケアをする方、多数!

洗い流さないトリートメントで保湿ケアをしている方が最も多い結果となりました。

さきほど、「髪は濡れるとキューティクルが開いてしまう」とお話しました。
洗い流さないトリートメントは、コーティング効果があるため、キューティクルを開きづらくするのにもってこい!
タオルドライした後の使用に加えて、おでかけ前につけたり、ミニサイズがあれば、持ち歩いてこまめに水分補給をしてあげるのもよいかもしれません。

また、ワックスやスプレーで固めるよりは、ヘアアレンジをしてごまかす派が多いようです。また、ブローをしっかりするという方も多くいらっしゃいました。

また、あらかじめパーマやストレートパーマをかけてしまう方や、ストレートアイロンでセットするという回答も見られました。

髪へのうるおい補給と事前対策で梅雨を乗り切ろう!

いかがでしたでしょうか?

雨から髪を守るためには、髪にうるおいをしっかりと補給してあげることが大切なようです。
特に、洗い流さないトリートメントは、梅雨の間のおまもりアイテムとなりそうです!
こまめに水分を補給して、うねり知らずのつるサラヘアをキープしましょう。

うねりが解消されない場合は、髪をまとめたり、アレンジをするのも有効です。
いつもダウンスタイルの方がまとめ髪をしていると、新鮮だったりするものです。
梅雨の時期にヘアアレンジを極めてみるのもよいかもしれませんね♪

前向きに梅雨を乗り切りましょう!
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【アンケート】できていますか?髪での紫外線対策

【アンケート】できていますか?髪での紫外線対策

顔や体での紫外線対策は主流ですが、髪での紫外線対策をしている人はどのくらいいるのでしょうか?
nature編集部 | 22 view
【アンケート】ヘアケア情報はどこから入手していますか?

【アンケート】ヘアケア情報はどこから入手していますか?

髪の悩みに対する解決策など、みなさんはどこから情報を手に入れているのでしょうか?全国の女性におすすめなヘアケアの情報源を聞いてみました。
nature編集部 | 14 view
【アンケート】ヘアケアアイテムをプレゼントするときにこだわる点は?

【アンケート】ヘアケアアイテムをプレゼントするときにこだわる点は?

誕生日やお祝いには、ヘアケアアイテムをプレゼントしよう!さて、相手の喜ぶ顔を想像しながら何を選ぶ?
nature編集部 | 6 view
【アンケート】100人の女性に聞きました!ヘアケアで最も重要と思っていることとは?

【アンケート】100人の女性に聞きました!ヘアケアで最も重要と思っていることとは?

30歳を越えるころから気になり始める「髪質の変化」。世の女性はどんな工夫をしているのでしょうか?
nature編集部 | 12 view
Q.毎年冬になると髪の静電気に困っています。対策はあるのでしょうか。

Q.毎年冬になると髪の静電気に困っています。対策はあるのでしょうか。

冬は、静電気によるダメージを受けやすい季節。乾燥しやすい季節ならではの対策方を伝授します。
細川ひろ子 | 8 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nature編集部 nature編集部