2017年6月8日 更新

今、注目の頭皮ケア!今日からはじめられる3つの習慣

注目を浴びている頭皮ケア。わかっているようでわかっていないかも?まずはこの3つのことを試してみましょう。

34 view お気に入り 0
さて、みなさんヘアケアと聞くと、“髪の毛そのもののケア“を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

もちろん髪の毛そのもののケアも大切ですが、「頭皮のケア」も大切だということをご存知でしょうか?

例えるのであれば、頭皮は「土壌」のような存在。
髪の毛は、そこに生えている「稲穂」です。
このように考えると、イメージしやすいかと思います。

どんなにすばらしい稲穂であっても、土壌がカラカラに乾いていたり、しっかり耕されていなかったら、おいしいお米は取れません。

髪の毛もこんな風に考えてみてください。

いくら高価で高品質なシャンプーやトリートメントを使っても、頭皮の状態が悪いと髪に栄養がいきわたりませんので、意味がありません。

今回は、そんな頭皮ケアの方法をご紹介します。
今日からできる簡単なものもありますので、ぜひチェックしてみてください。

頭皮ケア、まずやるならこの3つ!

わかっているようでわかっていない、頭皮ケア。
大切だとわかっていても、いざとなると何から始めればいいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、これから挙げる3つのことから実践してみてください。
その1:朝と夜のブラッシング

その1:朝と夜のブラッシング

ブラッシングはぜひ取り入れていただきたい習慣のひとつ。

中でも、夜の入浴前のブラッシングは良いことずくめ。
ブラッシングをすることで、頭皮に刺激を与えることができ、汚れを浮き上がらせることもできます。
また、リフトアップ効果も期待ができるため、取り入れない理由はなさそうです。

朝のブラッシングは、ブラシが頭皮へほどよい刺激を与えてくれるため、頭がスッキリとします。

また、寝ている間に発生した皮脂を髪全体にいきわたらせることができるため、天然のツヤ出し効果も期待できます。
その2:シャンプー時のマッサージ

その2:シャンプー時のマッサージ

こちらは、一番手っ取り早くはじめられる頭皮ケア。

シャンプーをよく泡立てた後、指の腹で頭皮を揉むようにマッサージをしてみましょう。

これだけでも、頭皮のコリをほぐすことができ、柔らかな頭皮に近づいていきます。シャンプーをしながらマッサージができる一石二鳥の方法です。
その3:乾かすときのテクニック

その3:乾かすときのテクニック

乾かし方も頭皮にとって重要な要素のひとつです。

ほとんどの方が髪を乾かす際にドライヤーを使っているかと思いますが、ドライヤーを使う時間や温度によっては、頭皮へのダメージとなってしまうこともあります。
乾かす際は、短時間で終わらせることが必須!

短時間で終わらせるためには、タオルドライであらかじめ水分を取っておくこともポイント。

頭皮もお顔の皮膚と同じように、乾燥するとフケやかゆみなどの様々なトラブルが起こってしまいますので、頭皮用ローションなどで保湿してあげることもおすすめです。

頭皮を制するものは、美髪を制す!?

いかがでしたでしょうか?
今日ご紹介した頭皮ケア方法は、どれも今日からはじめられる簡単なことばかりだったかと思います。

冒頭で述べたように、頭皮は髪の栄養を送っている土台の部分。
毎日の積み重ねが、未来への美髪へきっとつながりますよ。

ぜひ、今日から頭皮ケアをはじめましょう!
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Q.乾燥が気になる季節になるとフケが出て困っています。

Q.乾燥が気になる季節になるとフケが出て困っています。

フケとは一体何なのでしょうか?原因と対策についてのお話です。
細川ひろ子 | 74 view
メンズにおすすめなヘアケア3選!

メンズにおすすめなヘアケア3選!

女性より皮脂量が多い男性におすすめしたい、ヘアケアを3つピックアップ!
nature編集部 | 72 view
ちゃんと洗っているのになぜ?気になる頭皮のニオイの原因とは?

ちゃんと洗っているのになぜ?気になる頭皮のニオイの原因とは?

毎日シャンプーをしていて、清潔にしているのに、自分の頭皮のニオイが気になったことはありませんか?
nature編集部 | 84 view
夏限定ではありません。冬こそやりたい頭皮ケア!

夏限定ではありません。冬こそやりたい頭皮ケア!

「頭皮ケア」と聞くと、なんとなく夏を思い浮かべませんか?冬こそ、頭皮ケアが必要なんです。
nature編集部 | 29 view
Q. 毎日髪を洗っているのに、すぐに髪がベタついて臭いも気になります。

Q. 毎日髪を洗っているのに、すぐに髪がベタついて臭いも気になります。

シャンプーをしてスッキリとしたはずなのに、気づくとすぐにベタベタになってしまう原因とは?
細川ひろ子 | 63 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nature編集部 nature編集部