2017年6月8日 更新

髪での紫外線対策、できていますか?髪へのダメージを防ぐには?

紫外線で肌のシミやそばかすを増やさないよう、スキンケアに力を入れる人は多いでしょう。髪の毛や頭皮での紫外線ケアはどうでしょうか?

26 view お気に入り 0
紫外線で肌のシミやそばかすを増やさないよう、スキンケアに力を入れる人は多くいらっしゃるかと思います。
5月あたりから、ドラッグストアには日焼け止めコーナーが設置され、「紫外線」に対する意識が高まりはじめるのではないでしょうか。

商品を見ていると、顔や肌に対する商品に比べると、髪の毛や頭皮での紫外線ケア商品が少ないように思います。

体の中で頭は最も高い位置にあります。
ということは、紫外線のダメージを受けやすいのも、頭部・髪の毛ということになります。

ですが、スキンケアと比べると、頭皮は自分で見ることのできませんし、髪もどれだけ傷んでいるのか分かりづらいので、ケアが疎かになりがちです。

そこで、今回は紫外線が髪に与える影響や、髪の紫外線対策の重要性についてお話します。
少し難しい専門用語も出てきますが、ぜひこれからの季節の参考にされてくださいませ。

紫外線は髪にどのような影響を与えるの?

髪の毛はたんぱく質の一種であるケラチンが主成分。
このケラチンはグルタミン酸やシスチンなど、18種類ものアミノ酸で構成されています。
紫外線を浴びるとこのアミノ酸が酸化し、システイン酸がという髪の毛にダメージを与える成分が育成されます。

その結果、システイン酸によって、髪の毛をつなぐシスチン結合が分断されるため、髪の毛の強度が下がり、枝毛や切れ毛が発生しやすくなるのです。

特に、髪が濡れた状態ではキューティクルが開いているため、紫外線を浴びるとシステイン酸の育成は早まってしまいます。

そのほかにも、紫外線は髪の毛のメラニン色素を分解し、髪を保護するキューティクルも壊してしまうことがあるため、髪の毛の色素が抜けたり、保湿成分が失われ、艶が失われてしまうこともあります。

海やプールに行ったあと、髪の毛がパサパサになってしまう理由は、ここにあったのです。

このようなことからも、美しい髪の毛をキープするには紫外線対策は欠かすことができません。

紫外線対策の基本!「紫外線を浴びないこと」

髪の毛は死滅細胞なので、一度ダメージを与えると再生できません。
そのため髪の毛の紫外線対策としては、紫外線をできるだけ浴びないことが重要ですが、気にしすぎるとどこへも出かけられなくなってしまいますので要注意です!(笑)
過度に気にしてしまっては、せっかくの楽しいお出かけもストレスになりかねません。
しっかりケアと予防をすれば大丈夫!

お出かけの際には、髪用の日焼け止めを使ったり、日傘や帽子をかぶるように心がけましょう。

日焼け止めは、髪の毛にも使えるマルチタイプもあるので、そうしたものを選ぶと便利です。
液体タイプだとムラができ、髪の毛が白っぽくなってしまいがちですので、まんべんなく塗布できるスプレータイプがおすすめ。
フレグランススプレーを兼ねたタイプもあるため、気分転換とUVケアを一度にできる

塗る際は髪だけでなく頭皮も塗って頭皮の日焼けも防ぎましょう。

帽子や日傘を使う場合は、紫外線の熱を吸収しにくい、黒や茶色、カーキ、ダークグレーなどの濃い色を選ぶといいでしょう。

UVカット効果が期待できるトリートメントを上手に活用!

髪の毛の紫外線対策には日焼け止めや日傘などのほか、UVカット効果のあるトリートメントを取り入れるのおすすめです。

商品によって差はありますが、クリームタイプなどはUVカット効果が持続しやすく、髪のコーティング効果も期待できると言われています。

髪を保護するのと同時に、しっとりまとまりを与えてくれるため、美髪には欠かせないアイテムといえそうです。
手軽に使えるので、仕事や家事に忙しい方にもピッタリ!

紫外線は、季節を問わず雨の日も曇りの日も降り注ぐため、年間を通してケアが必要です。

特に、5~8月は紫外線量が多くなるので、手軽に紫外線カットできるグッズを取り入れて、きれいな髪をキープしましょう♪
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

紫外線で傷んだ髪に!洗い流さないトリートメントで夏のヘアケア!

紫外線で傷んだ髪に!洗い流さないトリートメントで夏のヘアケア!

紫外線で傷んだパサパサ髪のレスキューアイテム「洗い流さないトリートメント」の時間帯別ケア方法をご紹介!
nature編集部 | 44 view
Q.ダメージケアをしていてもなかなか改善しません。そもそも髪はなぜ傷むのですか?

Q.ダメージケアをしていてもなかなか改善しません。そもそも髪はなぜ傷むのですか?

大人の髪は紫外線や間違ったシャンプーやブラッシングで、日々ダメージを受けています。
細川ひろ子 | 67 view
【アンケート】できていますか?髪での紫外線対策

【アンケート】できていますか?髪での紫外線対策

顔や体での紫外線対策は主流ですが、髪での紫外線対策をしている人はどのくらいいるのでしょうか?
nature編集部 | 27 view
たっぷり日差しを浴びてしまった後のヘアレスキュー方法

たっぷり日差しを浴びてしまった後のヘアレスキュー方法

帽子をかぶらず、たっぷり日差しを浴びてしまったあとは、こんなケアがおすすめです!
nature編集部 | 68 view
一度受けたダメージは戻らない!?美髪のための紫外線対策<予防編>

一度受けたダメージは戻らない!?美髪のための紫外線対策<予防編>

紫外線を浴びた髪は自然に回復できない!?紫外線から髪を守るための予防策をお伝えします。
nature編集部 | 36 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nature編集部 nature編集部

おすすめの記事

今注目の記事