2017年6月19日 更新

ブラシ1本で叶える、エイジレス・ヘアケア

必要なものは1本のヘアブラシだけ!エイジレスな髪のために試していただきたいことを伝授します。

149 view お気に入り 0
髪の毛の量や色、質感。
多い、少ない、パサついている、白髪まじりなど、髪はその人の全体イメージをつかさどる重要なパーツです。
髪の毛の与える印象は大きいのではないでしょうか。

いつまでも元気で美しい健康な髪でいたいものですが、ストレスや年齢を重ねると「このままで大丈夫かしら?」と不安に思うこともあるかと思います。

特に女性だと、30代を過ぎた辺りや産後にその変化を感じるのではないでしょうか。

そんな不安を少しでも解消するべく、今回はエイジレスなヘアを目指したい方に試していただきたいことがあります。

必要なものは1本のヘアブラシとあなた自身の「手」のみ。

髪の悩みを抱えている方や、この先不安な方はぜひチェックしてみてくださいね。

ブラッシングで血行促進

ブラッシングは髪のもつれをとるイメージが大きいかと思いますが、それだけではありません。
頭皮へほどよい刺激が伝わり、頭皮の血流が刺激され、毛髪に栄養が運ばれやすくなると言われています。
よく、育毛剤のCMでも、「血行促進!」というフレーズを耳にするように、血行は薄毛改善のカギといわれています。

豊かな髪が育つためには、土台となる頭皮が大切という考え方です。

わざわざ育毛剤を買わずしても、ブラシが1本あれば、手軽にマッサージができるなんて、手軽だと思いませんか?

頭皮と顔の皮膚は繋がっています

さらに、美容の観点からも嬉しい効果が。

頭皮と顔の皮膚は同じ1つの皮膚で繋がっているので、ブラッシングをすることは顔のたるみの解消やフェイスラインのリフトアップに繋がるとも言われています。

実際にご自身の頭皮を触ってみてください。
どのような感触でしょうか。

頭皮が凝り固まって動かせない!という方がいらっしゃったら、要注意!
頭皮が凝ってしまっている可能性があるので、ぜひマッサージをお試しください。

ちなみにデスクワークが多いわたくしは、頭皮がとっても硬く、カチカチになってしまっていました。

そんなわたしのカチコチ頭皮を救ってくれたのが、シャンプー時のマッサージ。
シャンプーついでに頭皮マッサージを行うシンプルなもの。

最初は指がはじかれてしまうくらいハリのあった頭皮が、だんだん指が入るようになっていき、今ではもむことができるほどに解消!

少しの意識で頭皮は変わろうとしてくれます。

美しい髪を育むために、土台づくりをしっかりと

ということで、今回のポイントは2つ!

★お風呂に入る前には、ブラッシング!
★お風呂に入ったら、シャンプー時にマッサージ!

まずは、この2つを意識して行ってみてください。

数学では「公式」、仕事では「挨拶」!
世の中を見渡してみても、実は基本的で簡単がことがとても大切だったりするものです。

髪の毛では、頭皮です!
頭皮は髪の土台だということを、ぜひ頭の片隅に置いておいてください。

ブラッシングとマッサージで、イキイキとした髪を育んでいきましょう。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Q.ブラッシングって本当に髪にいいのですか?

Q.ブラッシングって本当に髪にいいのですか?

ブラッシングをすると、頭皮の皮脂が髪全体にいきわたり、自然なうるおいとツヤがもたらされます。その他にも嬉しい効果が!
細川ひろ子 | 157 view
早く始めたもん勝ち!いいことづくめのヘアブラッシング

早く始めたもん勝ち!いいことづくめのヘアブラッシング

ハリコシやツヤ、抜け毛予防に!いいことづくめのブラッシングを今すぐ始めましょう。
nature編集部 | 74 view
【アンケート】乾燥毛に悩む人必見!どれくらいの人がヘアオイルを使っている?

【アンケート】乾燥毛に悩む人必見!どれくらいの人がヘアオイルを使っている?

髪にしっとり感を与え、ダメージを補修してくれる効果のあるヘアオイル。ベタベタしてしまう印象もあるオイルですが、どれほどの女性に使用した経験があるのでしょうか。
nature編集部 | 64 view
【アンケート】みんなのブラッシング事情

【アンケート】みんなのブラッシング事情

ヘアケアとしてのブラッシングが今、注目を浴びています。世の女性のブラッシング事情とあわせて、正しいブラッシング方法を解説します!
nature編集部 | 63 view
紫外線で傷んだ髪に!洗い流さないトリートメントで夏のヘアケア!

紫外線で傷んだ髪に!洗い流さないトリートメントで夏のヘアケア!

紫外線で傷んだパサパサ髪のレスキューアイテム「洗い流さないトリートメント」の時間帯別ケア方法をご紹介!
nature編集部 | 39 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nature編集部 nature編集部