2017年6月8日 更新

海外セレブは毎日髪を洗わない?髪を毎日洗うと髪が傷むって本当?

世界では2日に1回が当たり前!?シャンプーの頻度と美髪の関係についてのお話です。

69 view お気に入り 0
みなさんは毎日髪を洗っていますか?

「もちろん!」と答える人が8割~9割ほどなのではないかと思います。
日本ではほとんどの方が毎日お風呂やシャワーに入り、洗髪をしているのかと思います。

しかし、世界を見渡してみると、毎日洗髪をしている国は少数派であることを、ご存知でしたか?
シャンプーは2、3日に1度という海外セレブもじわじわ増えているようですが、そこにはいろいろな背景があることを忘れてはいけません。

今回は、世界のシャンプー事情とシャンプー頻度を減らすことが髪にとって良いことなのかを考えていきます。

日本が特殊?世界の平均シャンプー頻度は2、3日に1回!?

大手市場調査会社のEuromonitorが世界16カ国のシャワー事情を調べたところ、このような結果が出ています。
Shower Power Prediction: Ho...

Shower Power Prediction: How many showers does the average American take each week?(March 13, 2015)

平均的には、ほぼ毎日シャワーを浴び、シャンプーの頻度は3、4回というパターン。
<イギリスや中国、ドイツ、ロシア、フランス、インドなど>

この図で見ると、シャワーを浴びる度に髪を洗っている日本は、世界のトレンドとしては珍しいようです。

また、中南米ではシャワー好きが多いよう。中でもブラジル人は週に10~12回もシャワーを浴びていますが、シャンプーは週に4回程度です。
メキシコでは、シャンプーの比率も高めとなっています。

さて、世界の洗髪事情を見ると、日本は例外ともいえそうですが、だからといって洗髪しないことが髪にとってよいことなのでしょうか?

そこには、髪質・気候・水質など、様々な問題が隠れているんです。
次のパートでご説明します。

毎日シャンプーをしない3つの理由とは?

(1)気候

(1)気候

日本の気候は高温多湿です。夏はジメジメとした日が続くこともありますよね。

欧米諸国は乾燥していると言われており、暑い日はカラッとして日差しが強い印象。

この乾燥した気候により、さらに頭皮の乾燥を招くといわれていることから、シャンプーの回数はほどほどにとどめているんだそうです。
(2)水質

(2)水質

これは、欧米諸国の水道水が硬水であることが一番大きい理由かもしれません。

硬水には、ミネラル(カルシウムやマグシウム)が多く含まれており、飲み水としても飲みにくく、場合によっては、お腹を壊すこともあるほど。
海外旅行先で髪質が変わった気がしたり、髪がきしむような気がするのも水質の違いによるもの。

また、硬水は石けんやシャンプーと化学反応を起こし、石けんカスを発生させます。

軟水では泡立ちの良い石けんやシャンプーも、硬水ではカルシウムやマグネシウムと反応して、「石けんカス」に変化し、洗浄力も低下します。

洗い流されずに残った石けんカスは肌荒れの原因になることもあり、それを取り除こうとゴシゴシ洗いすぎると、皮膚のバリアを傷つけるので「乾燥肌」の誘因を引き起こすこともあります。

この点、日本の水は軟水が多く、地中のミネラル分の影響が少ないといわれています。

日本の水はきれいなことで知られていますが、たとえば水道水。
水に関する様々な情報を発信している「 水を考えるプロジェクト」によると、水道水をそのまま飲める国はわずか13ヶ国といわれています。

ヨーロッパは安定していますが、アジアは、日本とアラブ首長国連邦の2カ国だけが実態であることがわかります。さらに、南北アメリカに至っては、全滅状態なのです。

出典: 水を考えるプロジェクト ,日本の水とヨーロッパの水の違いはより,(最終閲覧日:2017年2月23日)http://www.mizu-kangaeru.jp/health/europe.html

安心してお風呂につかれたり、毎日気兼ねなくシャワーを浴びれることが当たり前のことである私たち日本人。
実はとってもありがたいことなんだなぁと思わせられるデータです。
(3)髪質

(3)髪質

日本人女性の髪の太さは、平均約0.08ミリなのに対し、欧米人の平均は約0.05ミリほどといわれており、一般的にアジア人の髪の毛は欧米諸国の方より、太くしっかりとしています。

もはや、髪質自体に違いがあるのですから、同じケアをして効果が得られると考えるのは難しいのではないでしょうか。
欧米人は髪の毛が柔らかいがため、シャンプーをほどほどにしているのかもしれません。
このように、一度立ち止まって背景を考えてみると、シャンプーの回数を減らすことが必ずしも髪質改善につながるとは言い切れないことがお分かりいただけると思います。

自分が心地よいと思えるケアを★

では、ヘアケアで1番大切なこととは何でしょうか?

ラ・カスタは、使っていて心地よいと思える商品づくりを大切にしています。

頭皮からいやな臭いが漂ってきたり、頭皮にかゆみが出てしまうのを我慢することが良いことなのでしょうか?
かえってストレスになってしまい、髪にとっても体にとってもよいことはないように思えます。

香り、テクスチャー、原料にこだわった商品を使うことで、毎日のバスタイムで幸せを感じることができたら素敵ですよね。

心地よいと思う香りや感覚を大切にすることは、リラックスにもつながりますので、ぜひ「心地よさ」を大切にしてみてはいかがでしょうか。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Q.ヘアケアは、同じメーカーの同じラインで揃えるべきですか?

Q.ヘアケアは、同じメーカーの同じラインで揃えるべきですか?

シャンプー、コンディショナー、トリートメントは、同じメーカーのアイテムを使ったほうが効果が出るのでしょうか?
細川ひろ子 | 86 view
<for OVER40>レディのためのヘアケア3箇条

<for OVER40>レディのためのヘアケア3箇条

途端に髪のお悩みが増えだす40代…そんな大人世代の女性に試していただきたいヘアでのエイジングケア3箇条を伝授!
nature編集部 | 26 view
Q.髪のためには、どんな食べ物を食べるといいですか?

Q.髪のためには、どんな食べ物を食べるといいですか?

髪の美しさは体の健康の先にあると考え、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。
細川ひろ子 | 107 view
Q.毎年冬になると髪の静電気に困っています。対策はあるのでしょうか。

Q.毎年冬になると髪の静電気に困っています。対策はあるのでしょうか。

冬は、静電気によるダメージを受けやすい季節。乾燥しやすい季節ならではの対策方を伝授します。
細川ひろ子 | 77 view
【アンケート】乾燥毛に悩む人必見!どれくらいの人がヘアオイルを使っている?

【アンケート】乾燥毛に悩む人必見!どれくらいの人がヘアオイルを使っている?

髪にしっとり感を与え、ダメージを補修してくれる効果のあるヘアオイル。ベタベタしてしまう印象もあるオイルですが、どれほどの女性に使用した経験があるのでしょうか。
nature編集部 | 88 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nature編集部 nature編集部